Lust Ritual 性なる生贄 評価レビュー

 

ファンタジー物の18禁コミック。

 

ヒロインは魔術師セレナと神官戦士ジル。

 

彼女たちは邪教徒たちに囚われ、
そこで執り行われる邪悪な儀式に強制参加させられる。

 

その儀式の内容は、レイプ同然だった。

 

媚薬を飲まされ、醜いオークのペニスを無理やり捻じ込まれ、
何度も繰り返し望まぬ絶頂を与えられる。

 

初めは抵抗していた彼女達も、媚薬の効果にあっさり堕ちてしまい、
オークのペニスでよがり狂うようになる。

 

優しい前戯などは一切なく、
ただひたすらオーク達に乱暴に犯される、ハードな調教物。

 

巨乳、乱交、そして奴隷が揃った異種姦ファンタジー物である。

 

→「Lust Ritual 性なる生贄」の無料お試しはコチラから

 

かなりハードな奴隷・調教モノでした。

 

女の子がオークに犯されるという、ファンタジー物ではありがちな
設定ですが、絵やストーリーのおかげで十分エロいです。

 

物語も、長い導入部分や前置きなどはなく、
サッと陵辱パートに入っていきます。

 

汗を滴らせながら、アヘ顔でイキ狂うヒロインを見たい人にはオススメ。

 

最初の(短い)導入パートの時点では、作画が「うーん?」と感じたのですが、
実際エロパートに入ると、アヘ顔などにかなりそそられます。

 

ボリュームは少なめですが、
その分短いページにエロさがギュッと凝縮されています。

 

無駄な前置きはいらない、とにかく濃厚なエロパートを
見たいという人には良いと思います。

 


Lust Ritual 性なる生贄 評価レビュー

 

→「Lust Ritual 性なる生贄」の無料お試しはコチラから